エディブルフラワーのちらし寿司☆自家製の桜の花の塩漬けと春キャベツで簡単おいしいレシピ

  1. 野草
  2. 473 view

もう
ものすごく
カンタンに

恋して
しまいました

バカみたいですが
この時
わたしは
三木さんに食べられる
花になりたいと
思ったのです

花を
食べていれば

いつか
三木さんに

2019年 株式会社小学館 吉原由起『花喰い』166、167頁より引用

主人公は、好きという言葉を飲み込むために、美しい花を食べるようになる……。
吉原由起さんの短編集『花喰い』の表題作は、とても美しい作品です。

花を食べるという行為は、どこか特別で、けれどもずっと文化に寄り添ってきたものです。
世界最古の料理本と言われているアビーキウスの「古代ローマの料理書」にも、花を食べることが紹介されています。

食べられる花のことを「エディブルフラワー」と言います。
日本ならでは、そして春ならではのエディブルフラワーといえば「桜」です。

ご近所さんが春キャベツを届けてくれました。

今回は見た目も楽しい「桜の花の塩漬けとキャベツのちらし寿司」を紹介します。

「桜の花の塩漬けとキャベツのちらし寿司」の材料

・すし飯 
 米 360cc
 水 270cc
 酒 90cc

・合わせ酢
 米酢 50g
 きび砂糖 大さじ1
 自然塩 小さじ1/2

・キャベツ 180g
・塩 小さじ1

・桜の花の塩漬け 10g

春の香りが楽しめる「桜の花の塩漬け」は簡単に作れるのでぜひ、挑戦してみてください。

「桜の花の塩漬けとキャベツのちらし寿司」の作り方

1.米を研いで、ざるにあげます。合わせ酢の材料をボウルに入れ、よく混ぜてとかしておきます。キャベツの下味用に合わせ酢約大さじ1を分量から取り分けておきます。

2.分量のお水とお酒でお米をかために炊きます。炊きたてに残りの合わせ酢を回しかけ。切り混ぜします。しゃもじが軽くなったら、うちわなどで手早くあおぎ、粗熱をとります。

3.キャベツを浅漬けにします。キャベツを食べやすい大きさ(約1cm角)に切り、塩もみします。5分くらいおいて水分を絞り、1の合わせ酢につけて、味をなじませます。

4.桜の花の塩漬けを水に漬けて塩抜きをします。飾り用に人数分の花を取っておきます。残りは軸とガクが入らないように花びらをちぎりキッチンペーパーで軽く水分を取り除きます。

5.2のすし飯に、軽く水気をしぼった3のキャベツの浅漬けと桜の花を加えて、さっくりと混ぜます。

6.器に盛り、飾り用の桜の花をのせます。

追記

<2020年02月09日>
塩分の摂取が気になる人は、キャベツを浅漬けではなく、蒸してみてください。
優しい味に仕上がります。

レシピ動画を配信中

クッキングチャンネル「Cafe Foresthills」にてレシピ動画を配信しています。チャンネル登録をよろしくお願いします。

視聴する
FORESTHILLS

どこまでも続く八雲、くるくるとおどる花筏、頬をくすぐる花風、吐く息の向こうにきらめく銀竹―。山が好きです。四季の草花が好きです。
お米を研ぐ音、やさしく揺れる湯気、笑顔になる香り―。食べることが大好きです。料理は出来たて、作り立てが、1番おいしいと思います。大好きな誰かに、大切なあなたに、おいしい料理を届けてほしい―という、ちいさな願いを込めて、日本の片田舎から発信しています。

記事一覧

関連記事