夏が旬! 大葉でジェノベーゼ風パスタ

  1. 山ごはん
  2. 194 view


日本に自生する「和風ハーブ」といえば、大葉(しそ)。食料品店などで一年中手に入りますが、山に登る機会が増える6~9月が旬です。旬に食べると香りが段違い。
家庭栽培も容易なので、登山に出掛ける前に採取し「山ごはん」の食材として持っていきます。山ごはんにも、食卓にもおすすめな、簡単でおいしいジェノベーゼ風パスタのレシピを紹介します。

大葉を使ったジェノベーゼ風パスタの材料(2人分)

1.大葉 5~6枚
2.オリーブ油 大さじ3
3.くるみ 5g
4.塩 少々
5.黒こしょう 少々
6.パスタ 160g

 

大葉を使ったジェノベーゼ風パスタの作り方

1.大葉、オリーブ油、くるみをミキサーなどでペースト状にし、塩・こしょうで味を調えます。
2.茹で上がったパスタと大葉ペーストをあえます。

大葉でイライラとサヨナラしましょう

大葉は抗酸化、消臭、アルコール分解促進の作用があるほか、アトピー、花粉症、ぜんそくなどのアレルギー症状も緩和してくれるとか。
しそジュースも我が家の定番。しそは暑さをやわらげてくれるだけでなく、血液循環を良くして頭の疲れとイライラを鎮めてくれますよ。

こちらの記事で、しそジュースのレシピを紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。

レシピ動画を配信中

クッキングチャンネル「Cafe Foresthills」にてレシピ動画を配信しています。チャンネル登録をよろしくお願いします。

視聴する
FORESTHILLS

どこまでも続く八雲、くるくるとおどる花筏、頬をくすぐる花風、吐く息の向こうにきらめく銀竹―。山が好きです。四季の草花が好きです。
お米を研ぐ音、やさしく揺れる湯気、笑顔になる香り―。食べることが大好きです。料理は出来たて、作り立てが、1番おいしいと思います。大好きな誰かに、大切なあなたに、おいしい料理を届けてほしい―という、ちいさな願いを込めて、日本の片田舎から発信しています。

記事一覧

関連記事