メスティン・パン・レシピ No.2「柚子ジャム入り抹茶パン」

  1. 山ごはん
  2. 92 view


メスティン、ラージメスティン、そしてEsbit(エスビット)のpocket stove(ポケットストーブ)を使って、生地から手作りする「メスティン・パン・レシピ」をYouTubeチャンネル「FORESTHILLS」で公開したところ、予想外に反響がありました。
「みんなパンが大好きなんだ」と、とてもうれしくなりました。
パンを食べると幸せな気分になりますよね。
今回は華やかな色が目をひく「柚子ジャム入り抹茶パン」を紹介します。

メスティンと固形燃料で「柚子ジャム入り抹茶パン」

材料

・強力粉 165g
・抹茶 50g
・仕込み水 110cc
・きび砂糖 小さじ2
・塩 小さじ1/2
・サフ ドライイースト(青) 小さじ1/2
・柚子ジャム 30g

作り方

大まかな流れは下記の記事をご参考ください。


詳しい手順は、動画にて説明していますので、ぜひ、ご試聴ください。

ポイント

上記の記事は、秋〜冬に山で焼くことを想定したレシピです。
気温が低いと発酵が進みにくいので、イーストの量を多めにしています。
今回は春〜初夏を想定してイーストを半分の量にしています。

柚子ジャムは、ベンチタイムのあと生地を成形する際に練り込みましょう。

抹茶(緑茶)に含まれるカテキンは抗ウイルス効果が期待できる

この記事を書いている2020年2月は、新型コロナウィルスの感染者が国内でも広がりつつあります。

抹茶(緑茶)に含まれるカテキンは抗ウイルス効果が期待できると言います。

静岡県立大薬学部の山田浩教授は、以前より緑茶のカテキンには抗ウイルス効果が期待される研究結果を発表されています。

抗ウイルスで期待されるカテキンパワーは次の通りです。

カテキン効果1 ウイルスが細胞に着くのを防ぐ(カテキンがインフルエンザの突起部分に張り付くので細胞につきにくくなる)
カテキン効果2 細胞の中に入るのを防ぐ
カテキン効果3 細胞の中に入ったウイルスを増やしたりほかの細胞に広まるのを抑える

QUATRE(キャトル)の庭より引用

緑茶を1日1〜5杯、週6日以上飲むと、インフルエンザの発症が約40〜50%減少。緑茶うがいでも約30〜50%減少したと言います。
日々の生活に上手に取り入れましょう。

レシピ動画を配信中

クッキングチャンネル「Cafe Foresthills」にてレシピ動画を配信しています。チャンネル登録をよろしくお願いします。

視聴する
FORESTHILLS

どこまでも続く八雲、くるくるとおどる花筏、頬をくすぐる花風、吐く息の向こうにきらめく銀竹―。山が好きです。四季の草花が好きです。
お米を研ぐ音、やさしく揺れる湯気、笑顔になる香り―。食べることが大好きです。料理は出来たて、作り立てが、1番おいしいと思います。大好きな誰かに、大切なあなたに、おいしい料理を届けてほしい―という、ちいさな願いを込めて、日本の片田舎から発信しています。

記事一覧

関連記事